top of page

100 hidden turtles


100匹の亀を探すぞ! ようやくラストだ!

今回はタイトル画面とかちょっと違うぞ。パンダが釣りをしている。

どことなく中華っぽいBGMに水墨画のような景色。


首に着けたカギをクリックするとアイコンがカギに。

あーゲーム性のあるやつだ!

水底の宝箱を開けて改めてタイトル画面。

今回もカラー。風船で空飛んでるのが亀。この画面にもう3匹いるよ。わかるかな?

見つけると色が黒くなる。ちょっとわかりづらいけどカラーだとしょうがないね。

クリックでズームする要素が初登場。亀をどんどんクリックだ。


カーソルを近づけると逃げるバッテリー3個を水底の機械へ持っていく。


画面一番下の亀を見つけてクリア!

毎回ちょっと違ったギミックで飽きさせない作り。すばらしいわね。あー楽しかった!

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Alchemy Unbound

錬金ゲーム。2つのものを組み合わせて新しいものを生み出す。それだけだけど楽しいね。 デイリーで指定されたものを作りだすのが結構難儀。 steamに錬金ガイドがあるので頑張って逆引きしよう。 例えばお題が『crytal ball』の場合、glassとmagicで出来るらしい。 glassはsand+fireで出来るのはわかっていたのでmagicの作り方を調べる。 life + rainbow = m

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page