top of page

ソウルハッカーズ2


久しぶりのソウルハッカーズ続編。無印は……もう忘れちゃったなあ。

難易度はイージーで。


参考にしたサイト:

クエスト攻略とかでお世話になりました。


フランマの声がキッズで気になる。

それはともかくリンゴとフィグは人間の世界を守るのが目的なのね。


世界の終わりに関係するアロウというデビルサマナーを保護するぞ。

戦闘のチュートリアル。マスカーニャみたいな敵。

ドアマースです。ニャオハ立つな。

高速化できてテンポのいいバトル。

仲魔がギフトをくれた。これを貰ったら別の仲魔に付け替えるのが良さそう。

初ミッションの相手がラッパーなのでこれは実質バディミッションBOND。


ワープポータルあるんや、ええやん。


選択肢でソウルレベルがどう変わるのか右上に出る、これは親切。

葛葉が出てきた。ライドウ新作……(叶わぬ願い)

神室町に決ました。

各キャラの深層心理的なダンジョン、ソウル・マトリクスへ潜る事に。

心の壁はソウルレベルによって突破できる。


食事要素解禁。これも実績に関わるので積極的に食べていく。

悪魔合体解禁。今作ではサーカス。

大量のサブクエストをクリア。

もう1つカテゴリある。じゃあそろそろ本編進めようか。


ジャックフロスト君も健在。プリクラ撮ろうって言ってくる。いいなあプリントシール機って商標回避しなくて!

葛葉マンゲツのいた部屋を調べる。

多分アロウ君の事が好きなんだと思う。

Aionオーダー、敵性体イヌガミで初全滅……強いよぉ!

調べる。なるほど規定ターン以内に倒す必要があるのね。

弱点属性を突けば余裕なんだよ!

アトラスおなじみのマップ芸が始まったぞ……。


ここらへんでこのゲームが不評だった理由がだんだんわかってきた。

メインストーリーのダンジョン1つクリアする度に、レベルアップや資金稼ぎ、仲間集めを兼ねてこのサブストーリー的な迷路深層心理ダンジョンを3キャラ分クリアしなきゃいけないからだ。

しかも前バージョンだとダッシュや戦闘高速化もできなかったんでしょう?

そりゃあ評価も推して知るべしになっちゃうよなあ。

同じペルソナっぽいJRPGというカテゴリで比べると、この前やったカリギュラ2の方がストーリーもボリュームも全て上回っている。本家より分家のようが面白いってなんじゃい。



ミレディエリア第4層のaionオーダー、物資・針状結晶体デルタ回収で大苦戦。

最後の1個へのワープはこれか、緑の奴。

5階までいけたけど、ソウルレベルが足りない。最終的に200必要。これが全実績解除に2周目が必須になる理由だ……

パーソナルイベント40種類実績はこれ1周目でやるとコンプリートが条件みたいだなあ。

ミールも31種類中30種類だし、しっかり遊んでて良かった。一応時限要素はないみたいだけど、不安になるよね。

1周目クリア。サイゾーの4層クリアしてなかったので強制ノーマルエンドだった。

2周目。新しいイベントやらリクエストやらが追加。

ソウルレベルの獲得量が増えるのが目玉。


細かいところだけど、東地区と西地区があって、西地区で出入り口が北西にあり東に延びるのがマップの位置的に気になる。西に延びてほしい。


ソウルレベル全員200、2周目ラストギリギリで達成……危なかったあ。

パーソナルイベントが発生するクエストクリアや貴重品回収もすべてやってこれなので、2周目も手は抜けない(Aionオーダーはシカト可能)


第5層を回って合体解禁をしていく。

メギドラオンを覚えたレモンフロストを作って……

ジャックフロストと合体させればメギドラオン持ちのピクシー誕生、実績解除。

あとはひたすら第5層でレベルを上げ、レベル95になったらセトを合体して最後の実績悪魔全書登録率100%も達成!

こちらはDLC必須みたいな記載もネット検索で引っかかって不安だったけど、少なくともsteam版はDLCなくてもいけました。


色々不評だったけど、システム的な部分はアプデで巻き返せたと思う。

ライドウ新作……諦めないでいいっすか?


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Anuchard

2Dドットアクションゲーム。 参考にしたサイト: https://blog.goo.ne.jp/tropachieve-lr/e/81bac471311f24e527eba8ea2e54165a 時限要素の説明が特に助かりました! ありがとうございます! 調べた感じ時限要素あり(サブクエ)、エンド分岐あり(ラストの選択肢)とのことなのでその辺りを注意してやっていこう。 石になった人とゆかりのある品

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page