top of page

DIRES -giger・loop-


棒倒しゲーム。

マニュアルを読むとエンディングはないらしい。

PC98-01とFM77AVとMSXの3バージョンが無料であったけど、ここは無難にPC98にしてみた。


青は試合モード。相手はF6のギャロックくん。

勢いを付けて緑のポールを16本倒せばいいらしい。

こちらが設置した赤のポールが16本倒れる前に……。


1本差で負けた!


悔しい、パッドさえ使えれば……。

それでも意地で勝ったぞ!

F8からF7へランクが上がった。

アーマードコアのアリーナみたいで楽しい。

実際、説明書を読むと名前だけのCPUにも詳細な設定がつけられている。

そうそう、こういうのいいよね。

勢いつけてポールを倒すだけなんだけど、倒されにくく置いたり、バウンドとかを考えてあえてバックで倒したり。

自分のポールを倒すと自爆しちゃうのでそこも気を付けないといけなかったり。

アクション要素とパズル要素が混ざっていい感じのゲームだった!

パッドさえ使えれば……。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

ロードス島戦記Ⅱ ~ 五色の魔竜 ~

1やったら2もね。 なんか前作のセーブデータを要求された。 テキストマニュアルを読む。 >【LODOSSセーブ(ディスク#3)】と書かれたファイルを選択してください。 えーと……あった! >前作のキャラクターがプレイヤーのギルドの先輩として登場します。 あっ、そうですか……レベル15でいきなり無双したかったけど。 キャラ作成はせずにそのままスタート。第3部のメンバーでやっていくぞ。オルソン君達は…

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page