top of page

私はいくつかのミツバチを委託しました


タイトルロゴがミシバチにしか見えないのはご愛敬。

隠れているミツバチを探すゲーム。

日本語も対応してるけど、まず文字がない。

ミツバチをクリックして消していく。

そうして訪れる、あと1匹どこタイム。これが探し物ゲームの醍醐味。

みっけ! クリア時にタイムが表示される。

最初の面は84匹のハチがいたのに、次の面160匹くらいいる。スケールアップ。そしてキラキラが追加されている。これはハチの巣やらハチミツやらを見つけてクリックしろという意味。


どうしてもわかんなかったらHキーを押せばヒント矢印が出るよ。


イラストレーターさんが違うんだろうな。色んなデザインのミツバチがいる。

この人のミツバチ可愛くて好き。


ああああこれキッツい絵柄だああ

こういうのは部位ごとに区切ってそこだけ集中して見ていこう。


……。

ここまでくると模様なのかミツバチなのかわからずそれっぽいのをクリックしまくるようになる。


50分で全実績解除!

似たようなシリーズをあと20作くらい積んでるのは秘密だ。

いい気分転換になった! 引き続きロックマンエグゼ頑張ろうね。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Anuchard

2Dドットアクションゲーム。 参考にしたサイト: https://blog.goo.ne.jp/tropachieve-lr/e/81bac471311f24e527eba8ea2e54165a 時限要素の説明が特に助かりました! ありがとうございます! 調べた感じ時限要素あり(サブクエ)、エンド分岐あり(ラストの選択肢)とのことなのでその辺りを注意してやっていこう。 石になった人とゆかりのある品

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page