top of page

灰色の夜が明けたとき


聖魔法と闇魔法が使える世界を舞台にしたアドベンチャー

初回はスタッフロールなどない、バッドエンドっぽいのを引いた。

選択肢からやりなおしても同じだな。こりゃ最初からやり直しかも。


モニカと一緒に行く

ダヴィデの家に泊まる

アルバーノの大冒険

アルバーノと話す

バルトロと話す

ディアナと話す

頑張って起きる


これでちゃんとスタッフロールのエンディングにいけた。

実績2個ポップして終了。

なんか場面転換が唐突な印象を受けたなあ、ウェイトとかアイキャッチでタメを挟むと時間経過したことがわかっていいのではないでしょうか。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Alchemy Unbound

錬金ゲーム。2つのものを組み合わせて新しいものを生み出す。それだけだけど楽しいね。 デイリーで指定されたものを作りだすのが結構難儀。 steamに錬金ガイドがあるので頑張って逆引きしよう。 例えばお題が『crytal ball』の場合、glassとmagicで出来るらしい。 glassはsand+fireで出来るのはわかっていたのでmagicの作り方を調べる。 life + rainbow = m

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page