top of page

春ゆきてレトロチカ


実写ADV!

設定で字幕オンにもできる

脳内推理空間……なるほどなあ

江戸川乱歩の小説、という設定の過去、大正時代の出来事へ。

スターシステムで話が進み、すわ殺人事件? 密室殺人か? というところ。うーん、選択肢迷うぜ。


犯人間違えちゃった。悲しいね。

こいつ何度やり直すねん、全く真相が見えてない……

結果、Bランク……

まいった、男の方に犯人がいると推理したのに。初手で否定された。

ここからは行き当たりばったりフィーリング推理で行くぞ!


はい……。

脱出ゲームが始まった!!!????

バカ仮説すき


さていよいよクライマックス。叙述トリックの可能性を捨てきれていない。

百年前の如水とナイトクラブ赤椿の如水は同じ俳優が演じているが、それが罠でナイトクラブの如水は現代の如水と目されていた自称西毬だった……という可能性はないだろうか?

でもナイトクラブの翌年投身自殺してるしな……でも、不老の奴が戸籍をちゃんと残しているのか?

死亡記事には久坂という偽名の方で載っていたような……。



とりあえずクリア!

全然違ったね! 最後はちょこちょこ間違えながらのクリアになったよ。

明里さんとか存在理由ないしこいつが黒幕やろと思ってたのに、まさか本当に無関係だったとは。

なんか赤椿と意味深ににらみ合ってたしさ。


あ、ごめんやっぱなし! やっぱ叙述トリックあったわ!

スターシステムの悪用やっぱりやってやがったな! 信頼できねえ! 語り手が!

序盤のTIPSで映像作品では叙述トリックは難しいと言われているとかわざわざ強調したあたり怪しいとは思ってたんだよ!

そしてそこから話がもう二転三転して、ひねりながら着地した感じ。足ぐねってひねりかけた気がするけど。


主人公、如水さんに「何をしても如水さんを止めません」って言ったのに、最後思い切り名前呼んで行為を止めようとしてたよね、覚えてるからな。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Anuchard

2Dドットアクションゲーム。 参考にしたサイト: https://blog.goo.ne.jp/tropachieve-lr/e/81bac471311f24e527eba8ea2e54165a 時限要素の説明が特に助かりました! ありがとうございます! 調べた感じ時限要素あり(サブクエ)、エンド分岐あり(ラストの選択肢)とのことなのでその辺りを注意してやっていこう。 石になった人とゆかりのある品

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page