top of page

ソフトでハードな物語2


ノベルウェア第4弾。

超高難易度で知られるADVだったみたいだ。

調べたらバグでクリアできないのではとか、クリアに必須なイベントがランダム発生なのではとか言われていた。

そんな、パワポケみたいなこと……。


これはもう普通にやってもダメだろうと最初から攻略サイトに頼る。

解析してくれた先駆者様に多大なる感謝を。


はー、選択肢1個すらミスっただけでもう駄目なのか、そりゃあキツいわ。

しかもやるバージョンは一番難しいと書かれてるペケロッパ版だよ。

いきなり気が滅入る暗いギョーカイ話から始まるぞ。

相変わらずクラシックを元にしたBGMがいい……。



最初の選択肢、ここを間違えた時点でもうベストエンドは不可になるぞ!

秋葉原の認識が違う。

急に現実へ引き戻すのをやめろ(シナリオライター)

こまめに保存しようね!



今作もパロディネタは健在。サンダーフォース。


過去を思い出させるのもやめろ(元デバッガー)


もう現実に戻すのは勘弁してくれないか(リテイク)


初日5分で10行なら早いと思う。

そして3月、ディスク4……話が急展開を迎える。


石田はスパイだった!

石田を追い出してハッピーエンド。

当時、この結末までたどり着けた人はどれだけいたんだろうな……。

そして、3は……出ましたか?


攻略を知っていても、時限選択肢含めて40個近く正解を選び続けるのは難しいのではと感じた。

ただゲーム作りの裏側、当時から現在まであまり変わっていないものや、逆に変わったところを知ることができたりと楽しめる内容だったと思う。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ANONYMOUS;CODE

いつものADV。 なんでいきなりセーブデータ読み込むんだろう? はえーセーブ&ロード能力。世界をシミュレーターとして、それを巻き戻せる感じなのかな。 漫画演出が独特ね。バディミみたい。 第3章で初めてゲームオーバーになった。 なるほど、こうやってゲームオーバーを回避するべくロードして話を進めていくのね ……一発死のある昔からのADVと同じやな。 スタートボタンにこっち用のセーブメニューがあった。

ロードス島戦記Ⅱ ~ 五色の魔竜 ~

1やったら2もね。 なんか前作のセーブデータを要求された。 テキストマニュアルを読む。 >【LODOSSセーブ(ディスク#3)】と書かれたファイルを選択してください。 えーと……あった! >前作のキャラクターがプレイヤーのギルドの先輩として登場します。 あっ、そうですか……レベル15でいきなり無双したかったけど。 キャラ作成はせずにそのままスタート。第3部のメンバーでやっていくぞ。オルソン君達は…

Anodyne(アノダイン)

アクションアドベンチャー。 実績的にスピードランで2周することになりそうだし、初回は何も見ずにやってみるか。 2Dゼルダのような見下ろし型。 武器がホウキなの独特ね。 設定の穴に落ちにくいでゴリ押ししてたら8BITダンジョンに迷い込んでしまった。 3つの鍵を集めて雨が降るエリアの扉を開けて進む。ポケモンリーグみたいだあ。 風車まで来た、ここが折り返し地点らしいけどもう2時間半経ってる。スピードラン

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page