top of page

カレイジアスペルセウス

アクションRPGの元祖とも言われるRPG。

その実態は倒せる敵が決まっていて、そいつらを倒してパラメーターを上げ、別の倒せるようになった1ランク上の敵を倒していく……

カエルの為に鐘は鳴るとか、WWAに近いパズル要素のあるアクションRPGだ。

懐かしいなあWWA。このゲームにダメージ予測はないのでどの敵に勝てるかは死んで覚えよう。

そしてプロジェクトEGG版はエンディング直前クイックセーブが同梱されている! ありがたい!

まずは三女神を助けたエンド。

画面下を見るとなるほど、女神2人救い済+11星座回収してかに座のみ残してる状態でボス前セーブしてくれているのね。

ドラゴンに向かって移動キー+スペースキーで攻撃を仕掛ける!



勝てました。

画面が花で覆い尽くされ、軽快なBGMと共にエンド。

画面変化もあるし、こちらがより真っ当なエンドなのだと思う。


次、昔の12星座を集めたエンド。このゲームには昔のゲームには珍しくクリア目標が2つあるのだ。

目の前のカニを倒せば終わりだぞ!

負けた! さすが最強の敵。

理由は攻撃を仕掛けずにカニの浮上ポイントへ移動したから。

カニは同じ座標で浮上と沈下を繰り返していて、主人公の乗ったイカダの真下から現れると問答無用で一撃死なのだ。

倒すなら浮上したタイミングで攻撃をしかけよう。

逃げるなら沈下したところを素早く通り抜けよう。どちらにしてもタイミングが大切。

茶番はこれくらいにして再戦。倒してかに座のシンボルを手に入れる。


すると軽快なBGMと共にメッセージが表示されて終了。画面変化がない分こっちはちょっと地味。恐らくラストの星座をどこで手に入れるかによってクリア場所が違うからなんだろう。

こういう海上で花が咲き乱れても困っちゃうし。


あとはクリア時に表示されるキーワードを会社に送るとなんか貰えるキャンペーンがあったらしい。

もう、このゲームの版権はD4エンタープライズに移ったみたいだけどね……。まだあるのかなコスモスコンピュータ。調べたら2016年にwin95で新作出してたけど……。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8-Bit Adventures 1: The Forgotten Journey Remastered Edition

海外のJRPG。RPGツクールXP製だね 1画面ずつCRT画像認識で翻訳してるから進みが遅い。 チャートだけでも記録しておこうね。 //取り返しのつかない実績もあったので時系列的にコメントアウトで補足しておいた //実績『Friendly Advice』の為に戦士(最初の操作キャラ、青いやつ)操作中に何も起きていないうちに1度、最初のダスト戦後に1度ずつケリーに話しかけておく。 北にあるキャッスル

ロックマンワールド

switch onlineで配信されたゲームボーイの名作アクションゲーム。 30XXやった直後だからね。 カットマンがクソ強い事を覚えていたのでまずファイヤーマンから。 この狭い画面の中でしっかりアクションの駆け引き生み出してるのは凄いよなあ。 ファイヤーマンはごり押しでクリア。 道中の方が難しかった。 ファイヤーの次はカットマン。道中もボスも厳しい! 弱点武器でも結構いい勝負になったなあ。 その

30XX

ロックマンXリスペクトゲーム。 チュートリアルでわかるロックマンX味。 スタンダードはローグライク的な感じなのね。 1面の中ボスに負けた。 ステージはランダム抽選みたい。 しかし道中が基本長いなあ。そして毎回構造が変わるのでステージを覚えて攻略という訳にもいかないしし。 気分を変えてメガモードにしようか。これは8ボスの攻略面選んで遊べるロックマンXにより近いモード。 アシストモードオプションで被ダ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page